【古民家改修】築150年の家

長男がお腹にいる時に顔合わせして、

出産後に計画を始め、施工しました。


2004年(平成16年)竣工


築150年のお屋敷の玄関、L・DK、応接室、

離れのトイレと脱衣室と浴室。


昭和40年代に改装されてますが、

それをとりはらい、

もとの姿を活かす改装です。


【DK】

↓After

床には、菜種油をお施主様といっしょに

ワックスがわりにかけました。


↓Before


【応接間⇒リビング】


↓Before



↓After


古民家改修では、

新しい木材に着色して

古材とあわせることが多いですが、

あえて新しい木材へは塗装はしていません。

お施主様と話しあって、

杉と桧の経年変化を楽しむことにしました。

隠れていた、立派な

ケヤキの8寸の大国柱。

(一番下の写真の右側あたり)



【リビング⇒応接間】


↓Before

背の高いお施主様、

気をぬくと上の写真の左側梁に

頭をぶつけてしまうのがお悩みでした。



↓After

頭が当たらないように

掃き出し窓側に通路をとりました。


お施主様と一緒に

お庭の情景を見て、

月見障子に。


未だ、

仮のテーブルで椅子も無い頃の写真です。


【玄関】

↓Before


↓After


【現場こぼれ話1】

お施主様の古くからのおつきあいの大工さんが

水でじゃばじゃばと壁、天井の洗い作業を

しているところです。


床下は土で、水たまりができ、

大丈夫だろうか…と思っていたら、

水が吸い込まれるように

すぅー と地面に引いていく!


とても水はけの良い土地!!

これだから150年間、

家が傷まなかったんだ!

納得です。

床下の乾燥の大切さを教えてくれました。


【現場こぼれ話2】

昔のおくどさんがあった台所部分の壁は、

燻されて真っ黒です。

大工さんが洗ってくれても、とれません。

大工さん手配の左官屋さんが来て、

「こんな真っ黒な壁、ようしまへん!」

と怒って帰ってしまいました。

……どうしよう(汗)

今もおつきあいのある井上左官さんに

SOSをだして来てもらったら、

「どうにかしましょ。」

と言って下さり、この仕上がりです。

助かった~!



【現場こぼれ話3】

立派な松の梁。

昭和40年代の改装の際、

この壁を造る際の柱に

外国産材が使われたので、

それまで無かった

シロアリの被害にあわれたそうです。

よく見てもらうと、

ぽつぽつと丸い穴があります。

防蟻処理材を注入した痕です。


150年前は、国産材だけです。

さすが国産材!


【現場こぼれ話4】


お施主さまから着工前に

お電話あり、申し訳なさそうな声で、

「和式トイレから洋便器にかえるの、

  方向かえてほしいやけど…。」


?????


お施主様のお父様が図面を見て、

「なんで、太陽が昇る東側に

       おしりむけるんや!」

と言われたとのこと。

「そっちにはおしりむけたらあかん!」

説得しても、耳を向けてもらえません…。


……

苦肉の策 おしりは北に向けました…。

(写真奥が東の方向)

写真撮影:住楽

住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000