ふるさとの風景

もう気がつけば
11月は終わります。
 
母の月参りで
神戸市北区の実家へ。
 
 
最寄りのインターを降りて
驚きました。
 
 
山が色とりどりの紅葉で、
なんとも言えない美しさ。
 
 
何かの寺院があってでなく、
ただ、山沿いの道の街並。
 
 
はたと気が付きました。
 
 
結婚してから、
この時期に帰省するのは初めて。
 
結婚するまでは、
この風景を見て育ったんだと。
 
 
私の心の奥底に
いつも
「風景のいいところに住みたい」
という気持ちがあります。
 
 
毎日 山に囲まれた風景の中で育ったから、
それを求めていたのですね。
 
 
来年のこの時期に、
また帰ろうっと。
 
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

女性建築士【住楽】ほそえ ゆりこ

住みにくい家を 陽当り 風通し 木の香りで 【365日快適な家へ】

0コメント

  • 1000 / 1000