突然の別れの現実 通帳と印鑑

母との突然の別れ。
 
駆けつけて、
悲しみに浸る間もなく
警察の方から、
 
「お母様の通帳はありますか?」
 
自宅にて独りで旅立ったので、
事件でないことを
証明しないといけません。
 
え~!
急に言われても…。
ひとまず
書類を片づけている引出し
を探し始めましたが無い…。
 
あっ
そういえば、聞いた覚えが…。
 
独り暮らしで、
用心深く、
ちょっとやそっとで
わかる場所に置いてません。
 
うろ覚えだけど、
確かここ…。
 
ありました~!
 
なんだか、宝モノ探し?
 
追っかけて、
「印鑑は?」
 
え~あせるそれは聞いてないアセアセ
 
通帳と一緒に置いているわけなく。
 
警察の方が
 
「これかな?」
と別の場所から。
 
後からわかったのですが、
それは銀行印でなく、ただの認め印。
 
銀行印は翌日、
思いもかけないところから発見!
 
まぁ、事件性なしで一段落。
 
突然だったので
仕方ないですが、
普段からもっと
忌憚なく大切なモノ
を置いている場所を
聞いていれば…。
 
終活、エンデイングの大切さ
身にしみます。
 
 
たまたま東京に行っていた姉、
関東に住んでいる兄が
駆けつけてきました。
 
私と同じく、
悲しみに浸る間もなく。
 
「葬儀をどうしようか…。」
 
時間は確実に過ぎていきます。
 

女性建築士 住楽 ほそえ ゆりこ

リノベーション・リフォーム・古民家再生・新築 住みにくい家を 陽射しと生活動線を 大切にした設計で、 毎日快適な家へ 設計監理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000