化学物質過敏症の方へのシステムキッチン

暮らしを楽に、楽しくする。
住まいづくり。
ほそえ ゆりこです。
 
自然に暮らす平屋の家
 
 
冷房が身体に合わない、
化学物質過敏症の方が
お施主さまです。
 
夏頃からぼちぼちと
打合せしていて、
只今見積もり中です。
 
夏に外出すると
電車、バス、お店等に
「冷房」は当りまえ。
 
暑がりの私には
オアシスなのですが、
冷房の風に当たると
身体が不調になる
お施主さまにとっては、
行けない空間です。
夏場は外出を
控えられています。
 
もちろん
今の仮住まいへ
夏に伺った時には、
「冷房」無しでした。
(いい汗かきました)
 
計画も
「冷房」を使わず、
風通しのいい家に。
 
 
化学物質過敏症の
引き金になったのは、
 
床下の防蟻処理。
 
築50年弱の
木造平屋のご自宅へ
防蟻処理をしたら…。
 
防蟻処理も近年
5年程の効力のモノで
以前10年程だったので、
毒性は薄れていますが、
まぎれのない殺虫剤です。
 
ホウ酸塩のように
人間には影響せずに
防蟻、木材保護等ができる
方法もありますが、
ご存じない方のほうが多いです。
 
 
計画の家は
防蟻処理なしです。
 
 
そして、
使用する資材関係も
前もって
確認して頂きます。
 
その中のひとつ
システムキッチン
水周り設備
 
タカラスタンダード
のショールームで
ご確認頂きました。
 
 
タカラスタンダードは、
鋳物ホーローを使用していて、
化学物質の臭いはしません。
 
安心して、
実物確認して頂きました。
 
ただ、
展示にあった
洗面台の扉を開けると…。
 
香りのついた合成洗剤
 
私は化学物質過敏症
ではないのですが、
この匂いが苦手なので、
思わずサッと閉めました。
 
(最近、主にセスキ炭酸で
洗濯するようになったので
以前より増して…。)
 
もちろん、
化学物質過敏症の方には
NG!
 
メーカーさんからしたら
少数派かもしれませんが、
できれば、
御配慮をお願いしたいところです。
 
さあ、ご予算に合うよう
調整していかねば。
 
 
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 
----------------------------------------------

2/4(土)

建築士が見た

「土地と中古住宅の見極め方」

in堺

中古住宅はどこをどう見たらいいのかわかりにくいもの。
建築士の視点から、土地と中古住宅の見方や見極め方の
基本を実例にてわかりやすく解説します。
 
◆日時=2月4日(土)午後1時半~
◆場所=(公財)堺市産業振興センター(旧じばしん)
(南海高野線・地下鉄御堂筋線「なかもず」駅より300m)
◆講師=細江由理子(建築士・ライフオーガナイザー1級)
◆参加費=300円(協会会員は無料)
 
参加ご希望の方は、お問合せフォームよりお申込み
いただくか、協会(☎06-6395-3332)までご連絡ください。
----------------------------------------------
 

住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000