古民家につきもの 差し鴨居

ぐんと寒くなりました。

先日、軽くぎっくり腰をした時、

「寒くなったからね~」
と何人の方から声をかけられました。

以前、
よくぎっくり腰をしていた頃は
季節関係なしだったので、
一般にそういうことなんでしょうか…。

そういえば、
「疲れがでたんだね~」
とも声かけられました。


さてさて、
古民家につきものの

差し鴨居(かもい)

↓雪見障子の上、鴨居(かもい)
 大きな梁に溝を
 突いて(掘って)
 障子がはまります。
 鴨居として使っている梁を
 言います。



もちろん、
建築当時の溝で、
松なので反りも出ていて、
なかなか建て付け
(障子をスムーズに
 動くようにすること)
が難しいです。

それに今回、
梁の下端にこんな大きな節!





建具屋さんが持っている
小さなカンナでは
歯が立ちません。

ちょっと障子で調整したり
となかなか苦労する部分です。

それでも
なんとか、納まりました。

ホッ。


今日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。



女性建築士 住楽 ほそえ ゆりこ

リノベーション・リフォーム・古民家再生・新築 住みにくい家を 陽射しと生活動線を 大切にした設計で、 毎日快適な家へ 設計監理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000