設計士のつぶやき 「やっぱり現場が好き」 

6月に2件の新築をお引渡しし、
今は新築、増改築、改装の計画・図面作製をしています。




設計は、夢を描く楽しさがあり、打ち合わせも楽しい


のですが、


私の頭の中で組立ているのを紙に描いていくのは、
なんだか、私にとってはしんどい時期です。


産みのつらさ…とでも言うのでしょうか?(大げさかな?)


小さい納まりでも、あーでもない、こーでもないと
検討しはじめると迷路に入ったようになります。

正解がありそうで、なさそうで。


只今、それがまた、数が重なっていて…
いくつかのスイッチをパチパチと切り替えながら
頭の中で試行錯誤しています。



で、実感したのが、


形として実現できる現場に行くのが好き!


設計の先輩で
「完璧な図面を描けば、現場は行かなくても仕上がる!」
という方もいましたが、
私は図面で描いたことが形になるのを見るほうが好きです。


今の計画を早く、着工できるように進めていくのみ!
それしかありません。



今日は、疲れ気味の設計士のつぶやきでした…。 m(_ _ )m



今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

【セミナー】
8/1(土)
「籐のスタンドづくり」
主催:NPO法人国産材住宅推進協会
【お問い合わせ、お申込み】協会メールor 06-6395-3332まで



住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000