解体工事始まりました

桧と杉の香りが好きな建築士で
ライフオーガナイザーの住楽です。


雪が舞うか心配でしたが、
解体工事がはじまりました。

両親が残してくれた土地を活かし、
自分の子供も棲みついでくれる
住まいになってほしいとの思いを込められた

「棲みつがれる家」

のスタートです。


まだ初日なので、足場(杉丸太)の搬入中



(道路から東隣地側を撮影)


前面道路の幅が少し狭いので
搬入できる車のサイズも限られているのと、
分別をきっちりするため、
木造2階建てを手壊しします。


ご近所さまにあいさつまわりした時も
「お互い様ですから…」と
気持ちのいい言葉を聞きました。


これから約4ヶ月間
安全に工事が進みますように。


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

女性建築士 住楽 ほそえ ゆりこ

リノベーション・リフォーム・古民家再生・新築 住みにくい家を 陽射しと生活動線の設計で 家族皆が笑顔になる家へ 設計監理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000