見積り書で見える住まいづくり

時間が経つのは早いもので、
1週間前…と書こうとしたら、
もう2週間前のこと…
我ながらあきれています。

住む・棲む塾第12回
「見積りで見える住まいづくり」
開催しました。

ご遠方からのご参加で、
「消費税のあおりでバタバタしたくないです。」
としっかりとした住まいづくりを目指す男性おひとりでした。

私は、設計事務所、メーカー、工務店で見積りを見てきましたが、
色んな形式があって
初めて工事の見積もりを見る施主さんにとって
「なんてこんなにわかりにくいものなんだろう」
と感じています。

見積りの見方はセミナーで説明しましたが、
判断に困りますよね。


じゃ、合い見積りをとる。

設計事務所で図面を作成して、
同じ図面からでる見積りでしか比較はできないものです。
でも、設計事務所は敷居が高い…。

メーカーの見積もりの比較は、各社仕様が違うので、
値段もありますが、その仕様の好みが優先じゃないでしょうか。

よくある話で、
展示場で営業マンを気に入って契約。
その担当者が現場をしきるわけではないので、
ご注意を!


見積りの中で一番知って欲しいのは…。

NPO法人国産材住宅推進協会
北山代表からの話で、
「見積りの中で判断しにくいのは、施工の技術力。」

こっちのほうが安いから…なんて危ないですよ。


じゃどうしたらいいの?

現場を見せてもらうことです。
竣工でもいいですが、
できれば施工中か、ご入居後のを。

数見ればなんとなく違いがわかってくると思います。
その施工会社の姿勢も見えてきます。

もしよければ…

10月12日(土)
枚方市にてリノベーション見学会を開催します。

詳しくは→

以前工事が始まる時をご紹介した現場です。→

お近くで、増改築やリノベーションをご検討の方、
どうぞ現場を見て参考にして下さい。


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
応援クリック、ブログの更新の励みになります。

住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000