吹抜けの窓

暑い日が続きます。

お元気ですか?

さて、8月下旬より
70歳代ご夫婦の住まいの増改築工事が始まります。


今回は 終の棲み家をもっと住みごこちよくする です。


25年前に軽量鉄骨で建てられた住まいで、
水周りの入替と来客用に玄関を広くし、
暗かった廊下を明るくします。

LDKには低温床暖房。

床には建具や和室との取り合いに段差があり、
杉の無垢材を貼り増して解消させます。


今の玄関は吹抜け空間があり、広がりがあるので
とてもいいのですが…



大きなFIX窓があり、2階の廊下は暑~い!

今回外壁を触らず、この部分の内壁はクロス貼り替えのみ。

ムムム…悩めるところです。

開口できる窓に変更したいので、
カバー工法を採用しようと思いますが…。
(既設サッシの枠にまたサッシを被せる方法)

ちらっと見えてる照明器具も電球が切れて使えません。
吹抜けの時はメンテナンスもよくよく検討する必要がありますね。

また、どのように変わっていくか
ご報告しますね。



今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
応援クリック、ブログの更新の励みになります。
↓↓
【セミナーのご案内】
☆住む・棲む塾☆
    堺セミナー(なかもず)
 住まいづくり と 心とモノの整理  
主催
NPO法人国産材住宅推進協会  

 8/11(日)
 「五感で学ぶ日本の木」

  親子でご参加ください!

 9/14(土)
  「見積り書でわかる住まいづくり


開催共通
 時間 : PM1:30~
 場所 : 堺市産業振興センター

 【お問い合わせ、お申込み】
 協会メール
  or 06-6395-3332 まで

0コメント

  • 1000 / 1000