初めてのエンディングノート

ライフオーガナイザー(LO)対象
【人生の棚卸し・エンディング講座】
に参加しました。

今日は、2日目(最終日)。

講師は、マリリンこと
エンディングオーガナイザー

【エンデイング】と聞くと、どうしても暗い感じになりますが、
細かいところまで配慮頂いた講座で、明るく向き合うことができました。

場所はシャンデリアも素敵なイタリアンレストラン♪


エンディングノートを書く宿題があり、
今日はその感想から。

1日目から2週間も時間があったのに、
間際に焦るタイプの私

昨夜リビングで宿題をしていると、
夫が「何してるの?」と聞いてきたので、
「エンディングノート書いてんねん。」と返すと、
「そんなん書かんとき!」
って…。

ん…。
時間があったら話し合いするのですが、
なんせ時間がない。

「宿題やから書かなあかんの!」
と返したものの、多分6歳上の夫からすると、
私が死ぬことを連想したのか、
そんなこと考えたくなくて言ったんだろう…
と勝手に解釈しています。

またゆっくり話さないといけませんね。

エンディングノート書いて気付いたことは、大きくふたつ。

ひとつめは、
案外私って残すモノ(財産)って無いんだなぁ…。

じゃ今あるモノって何??

…再度モノの見直しをしていかないといけませんね。


ふたつめは、
終末医療、お葬式やお墓のことって、知らないことばかり。

今から色々調べて、残された人が困らないように、
かつ本人も満足(?)できるエンディングを考えるのに
年齢は関係ないかも!

たくさんのエンディングノートがあります。

マリリンさんが作った、
とても柔軟な、明るい気持ちで向き合える
オリジナルのエンディングノート。
涙なしで向き合えました。


今回はLO対象でしたが、
マリリンさんのエンディング講座受けたい方は
是非、ラブコールしてみて下さいね。


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
応援クリック、ブログの更新の励みになります。
↓↓

0コメント

  • 1000 / 1000