洗濯物と物干し場

桧と杉の香りが好きな建築士で
ライフオーガナイザーの住楽です。

とても静かな住宅街です。

とても勉強になるのが洗濯物の干し方。

2階のベランダに干す方は、
ベランダに洗濯機を置き、
S字フックで下げた物干し竿に干されています。

1階の駐車場(ルーフ付)に干される方は、
もう車を使われなくなったようで、
その駐車場に洗濯機を置き、
ルーフに物干し竿を低くぶら下げてます。

共通点は
①干し場に洗濯機を置く。
②低い物干し竿に干す。


①今住まいの設計で
 洗濯機は洗面所でお風呂に近いパターンが多いです。

 お風呂の残り湯を使うことを優先していますが、
 2階が干し場ならば、水分を含んで重い洗い物を
 階段上がっていかないといけません。

 若いうちはいいかもしれませんが、
 シニアになると危ないですね。
 
 物干し場近くに予備の水栓を用意するのもひとつ。

 
②低い位置に干すのも、
  腕が上がりにくくなるからでしょう。
 
 高い位置に干している我が家は、
 (まだ腕はあがりますが、) 
 子供が干したり取り込んだりできないので、
 低くしようか検討中です。
 マンションでは多い方法と思いますが、
 奥行き半間(柱の芯芯約91センチ)のベランダでは、
 低く干すとお布団干すのと触れ合うので、
 悩みどころです。


ライフステージが変われば
住まいかたも変わりますね。

住まいの設計は長いスパンで考えましょう。


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
応援クリック、ブログの更新の励みになります。
↓↓

住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000