DURALEXのグラス

桧と杉の香りが好きな建築士で
ライフオーガナイザーの住楽です。

今日、グラスを1個割りました…。

昨年春に半ダース買い、1年割れずにきたのに…。


手前のDURALEX ピカルディー220ccです。
(奥の360ccのは、結婚のお祝いで2個頂いたもの)

結婚して22年、何個グラスを割ったことでしょうか。

昨年義兄宅で、
15年以上前に義弟の結婚式で頂いた
グラスが使われていて感動~。
我が家はとっくの昔に割りました。

せっけんで食器洗ってるせいでしょうか、
おっちょこちょいのせいでしょうか、
よくすべって割ります。

ここまで割り続けると、
「もう割れてもおしくないグラスでいいわ。」
と安いニトリのグラスを購入!

しかし、1年もしないうちに6個全部割り、
さらに私の心もめげました。

友人宅でも活躍中のDURALEXピカルディー。
知っていたけど同じグラスにしたら真似した感じで嫌やなぁ~。
なんて思ってましたが、そんなこと言ってられません。

喫茶店とかでもよく見かける程強く、
全面物理強化ガラスだそうです。

それを割るって相当ですね…。(;^_^A

でも、私のグラス割り経験からしたら、
とても優秀なグラスで気に入ってます。

360ccが今なお健在なのは、
大きすぎてあまり使わないからで、
220ccのほうがジャストサイズ。

私と同じおっちょこちょいさんにお勧めです~。

割った日では、説得力ないかなぁ…(^▽^;)


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
応援クリック、ブログの更新の励みになります。
↓↓

女性建築士 住楽 ほそえ ゆりこ

リノベーション・リフォーム・古民家再生・新築 住みにくい家を 陽射しと生活動線の設計で 家族皆が笑顔になる家へ 設計監理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000