エンディングノート書こうかな

エンデイングノートってご存知ですか?

私は、今年5月に行われた
ライフオーガナイズのイベントで知りました。

まずは、
「整理と生前整理の違いは?」
その問いかけから始まりました。

「死」を意識することです。


10月に夫の同期の女性が半年闘病の末、
旅立たれました。
私も知っている方で、
こんなに早く、こんな風に別れがくるなんて
思いもしませんでした。

その時、日常で忘れていた「死」に触れ、
エンディングノートのことを思い出し、

夫に
「私たちも、そろそろ用意していてもいいかも。」
と言うと、

「他の女性に遺産を渡してください…ってか?」
と冗談で流されました。



その後、1週間もしないうちに、
夫の後輩のお母様(60代)の訃報が舞い込んできました。
そして、夫が告別式に参列した日、


「今日の告別式、良かったで。
 あんな風に俺もしてくれへんか?」と。


お花畑で、お母様の好きだった曲を流す。
それだけの、宗教色が全く無いシンプルな会場。

それは死期を悟ったお母様が
ご主人にお願いしたことをそのままされた、
温かい雰囲気の告別式だったようです。



「死」を意識するなんて縁起でもない、
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
今、そんな気持ちになれない方も…。

生きている限り、必ず「死」は訪れますよね。

その時に自分や周りの人が
慌てたり、困ったりしないように準備するのが、
エンディングノートです。


まだ、どんなのがあるか調べています。
出版されているのや、
ダウンロードできるのとか、
色々ありそうです。

12月が誕生日なので、
毎年その時に更新できるようにしてみよう
と思います。






住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000