ゆすはらの森と町に行ってきました♪2

住楽です。

ゆすはらの町には、
隈研吾さんの作品がたくさんあります。
(大阪では見れません)


まずはこちら

雲の上のホテルと雲の上温泉(どちらも隈さん設計)
を結ぶ、雲の上のギャラリーと廊下です。
木組みが圧巻です。

その廊下です。



雲の上のホテル(↑)は飛行機の翼を、

町役場(↓)はその格納庫をイメージしているそうです。

建設費       約10億5千万円
太陽光発電費 約1億3千6百万円 (80KW)
設計監理料  約3千4百3十万円

木材使用量 50年生杉の森林で5ヘクタール相当
もちろん梼原産

かなり金額もかけられています。


まちの駅です。
1階はゆすはらの特産品や新鮮な野菜がいっぱいで、
私もここで原木栽培のしいたけを安く買いました。
おいしかったです。
2階から上は 雲の上のホテル別館マルシェ・ユスハラです。

前面には茅葺の壁があります。

防火上は壁に使えないのですが、
可動式にして窓扱いにして法をくぐっているそうです。

ゆすはら町から隈さんへ
たっぷり(?)と設計料を払われたそうですが、
それ以上の観光効果を得られたそうで、
町の方は満足されていました。

今回の宿泊でお世話になった
農家民宿川井さん。
3軒の家でされいて、お母さん3人も素敵で、
料理最高でした!

ホテルに泊るのもいいですが、
地元の方とお話し、家庭料理を頂くのもおすすめです。
それに1泊2食付きで7千円と魅力的です。

帰りの昼食は、
ゆすはらの茅葺の民家3軒を移築して
その内1棟で食事処しているところで頂きました。

おいしかったです。

他にも
竜馬脱藩の道や銅像、千枚田、
今回見れなかった、木造芝居小屋「ゆすはら座」、
木造の小学校等々…見所満点です。

ゆすはら町、
また訪れたいところがひとつ増えました。

住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000