じゃがいもの便り

この時期になると届くお便りがあります。


じゃがいも20kg

学生時代の最後の夏休み、1か月だけお世話になった、
帯広の牧場から、20数年経つ今も送ってくれます。

お礼の電話をすると、

「いつも同じもので、ごめんね。
 元気にしているよの便りだから受け取ってね。」

とおばちゃんの元気そうな声を聞いて、
本当にほっとしました。

4年前、この便りが届かなかったのです。
あれ~おかしいなと思いつつ、
催促の電話になっても嫌だし…。
でもおかしい!と思い、
やっとその年末に電話しました。

「久しぶり~!」
と元気に声をかけると、
いつもと違った、
どんよりとしたおばちゃんの声。

ゆっくりよく話を聞くと、
お世話をしていた、認知症のお姑さんが
1月に亡くなられ、
その後、どうなったかわからないけど、
春頃から、うつ病になってしまって、
だいぶん家族にも迷惑かけたんだよ…。
とのこと。

その翌年も便りが無く、心配になり電話すると、
少しましな様子で、
いつも家族の誰かがいてくれてるとのこと。

そして去年、お便りがきた!
早速電話すると、
明るくなったおばちゃんの声、
「だいぶんましになって、孫のおもりもしているよ。
 また遊びにおいでよ。」
と温かい言葉。
良かった

うつ病は、まじめでがんばる人がなりやすいと聞きます。
そして、心の風邪とも言われ、処方された薬を飲みながら、
ゆっくりと養生すれば治るとも。

おばちゃんは、
ご家族の温かい支援あってこそ、
ここまで回復されたと思います。

「もうお婆ちゃんになちゃったけど、
 また会いに来てね。」とおばちゃん。


牧場にお世話になってから、
ずいぶん前に、一度だけ遊びに行きましたが、
会いたい気持ちが強くなってきました。

じゃがいものお便り、
本当にありがとう。

住楽 jyu-raku

【大阪府 堺市】 建築設計と片づけの住楽

0コメント

  • 1000 / 1000